ブラッド・ダイヤモンド暴いた活動家、ダミー会社に闘い挑む

英国のキャメロン首相は2013年10 月31日、ロンドンで開催された「オープン・ガバメント・パートナーシ ップ」の会議で、一つの決断を発表した。それは汚職撲滅を目指す活動 家らが3年にわたり求めてきたものだった。

同首相は世界の政府当局者に対し、脱税者や詐欺師、悪徳政治家を 一掃できる簡単な方法を発見したと表明。英国に本拠を置く全ての企業 に登記簿での最終的なオーナー名の開示を義務付ける法案を提出すると 明言した。「誰が何を所有し、本当はどこに資金が流れているかという ことに、光を当てる必要がある」と述べた。

これこそが、ロンドンに本拠を置く非政府組織(NGO)「グロー バル・ウィットネス」の共同創業者、チャーミアン・グーチ氏が長年主 張してきたことだった。ブルームバーグ・マーケッツ誌10月号が報じて いる。資産家のジョージ・ソロス氏が支援する同団体は、開発途上国の 汚職と闘うことに全力を尽くす。

グーチ氏らグローバル・ウィットネスの調査員は21年間にわたり、 潜入調査や裁判所の文書の精査など根気強い調査方法を使い、アフリカ での石油をめぐる疑わしい取引を暴いたほか、カンボジアでは共産党政 権による破壊的な森林伐採を立証した。

最も広く知られているグローバル・ウィットネスの運動は、アンゴ ラやリベリア、シエラレオネでかつて紛争の資金源として使われたダイ ヤモンド取引を暴いたことだ。同団体の活動は、レオナルド・ディカプ リオ主演の06年の映画「ブラッド・ダイヤモンド」のきっかけとなっ た。

逃走用の車

グローバル・ウィットネスが追及してきたほぼ全ての汚職事件で、 グーチ氏と同僚は一つの共通点を発見した。事件の犯人は不正に得た資 金を英領バージン諸島などの海外の私書箱などに過ぎないこともある追 跡不可能なダミー会社に隠すということだ。

グーチ氏(49)はロンドンの高層ビルの陰にあるグローバル・ウィ ットネスの事務所で、「ダミー会社はそれ自体は犯罪ではなく、いわば 逃走用の車だ」と指摘。「これは私達の目と鼻の先で起きている金融シ ステムの大規模な不全だ。世界中の大勢の人に実際に影響を及ぼしてお り、変革が必要だ」と話す。

グローバル・ウィットネスは10年からロンドンやブリュッセル、ワ シントンでNGO連合と協力し、企業に最終的なオーナーの開示を義務 付けるよう政界のリーダーに対しロビー活動を展開してきた。

グーチ氏の運動は勢いを増しつつある。英議会は7月にキャメロン 首相が提案した法案の審議を開始した。同首相によると、この法案が成 立すれば、英国は主要8カ国(G8)でダミー会社の「秘密のベール」 をはがす最初の国となる。

グーチ氏はダミー会社の本当のオーナーを開示する登記簿の誕生を 期待しつつも、それが20年に及ぶ改革運動の第一歩に過ぎないことを認 識している。

同氏は「環境汚染を引き起こす人であれ、税逃れをする人であれ、 汚職政治家であれ、どんな人もこの手段を利用する」と指摘。「だが、 腐敗を追及するには多様な解決策が必要だ。これはどんな大きな活動と 同じで、一晩で解決はできない」と語った。

原題:Corruption Foe Who Exposed Blood Diamonds Fights Shell Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE