ノルウェー政府系ファンド、米不動産を取得-計約1600億円で

世界最大の政府系ファンド (SWF)であるノルウェーの政府年金基金グローバルは、米国の高級 オフィスビル3棟の一部権益を計約15億ドル(約1600億円)で取得する ことで合意した。同ファンドは高利回り資産の獲得を目指しており、不 動産購入を活発化させている。

売り手のボストン・プロパティーズが16日に発表したところでは、 同社は基金を管理する中央銀行投資管理部門(NBIM)の関連機関に ビル権益の45%を売却する。対象となるのはニューヨークのレキシント ン街601番地のビルのほか、ボストンのアトランティック・ワーフ・オ フィス・ビルディングとフェデラル・ストリート100番地のビル。

グローバルは沿岸都市で質の高い不動産の保有を増やしている。運 用資産8800億ドルの同ファンドは7月に不動産グループを設立し、向こ う3年にわたり年間約100億ドルを投資する計画。

ノルウェー中銀の報道室に16日の営業時間終了後に電子メールを送 ったが、今のところ回答はない。

原題:Norway Fund to Invest $1.5 Billion in Boston Properties Assets(抜粋)

--取材協力:David M. Levitt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE