アジア株:MSCI指数、10日ぶり反発-工商銀が高い

17日のアジア株式市場で、MSCI アジア太平洋指数は10営業日ぶりに反発。中国人民銀行(中央銀行)が 国内5大銀行に計5000億元 (約8兆7300億円)の流動性を供給する と、政府当局者1人が明らかにした。

資産規模で世界最大の銀行、中国工商銀行は香港市場で1.6%高。 SJMホールディングスが5.2%下落するなど、カジノ株は安い。クレ ディ・スイス・グループがマカオのカジノ収入の見通しを引き下げたこ とが響いた。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後2時26分(日本時間同3 時26分)現在、前日比0.2%高の144.64。前日まで9営業日続落 し、2002年6月以来の長期下落となっていた。

原題:Asian Stocks Rise First Time in 10 Days as China Boosts Stimulus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE