ドイツ債パフォーマンス、アイルランド債上回る-逃避需要で

16日の欧州債市場ではドイツ国債の パフォーマンスがアイルランド債を上回った。スコットランドの住民投 票で英国からの独立が決まるとの懸念で、最も安全とされる資産の需要 が強まった。

ドイツの欧州経済研究センター(ZEW)がまとめた9月の独景況 感指数が9カ月連続で低下したとの発表も、この日の独国債を支えた。 大半のユーロ参加国の国債は前日比ほぼ変わらず。この日からの米連邦 公開市場委員会(FOMC)で利上げが近いことが示唆されるとの観測 が浮上している。

アレッティ・ジェスティエレのファブリツィオ・フィオリニ最高投 資責任者(CIO)は「短期的に不透明感は強く、それが投資家のリス ク意欲を減退させる」と指摘。スコットランドの住民投票は「重要イベ ントだ。独立賛成となれば欧州の政治風景ががらっと変わる可能性があ る。ドイツ債が買われたのは、それが唯一やってみる価値のあるヘッジ 取引だからだ」と付け加えた。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ変わ らずの1.06%。日中は1.03%まで低下した。12日には、8月7日以来の 高水準である1.10%に達していた。同国債(表面利率1%、2024年8月 償還)の価格はこの日99.43。

アイルランドの10年債利回りは2ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の1.90%。ドイツ債との利回り格差は84bpに拡大し た。フランス10年債利回りは1bp上昇して1.44%。

ZEWが発表した9月の期待指数は6.9と、前月の8.6から低下。向 こう6カ月の見通しを示す同指数は昨年12月に7年ぶり高水準に達した 後、低下が続いている。

原題:Germany’s Bonds Beat Ireland’s Before Scots Vote on Independence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE