アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ハンセン中国企業株(H株)指数が年初から の上げを消した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の開始を控え、8 月の対中直接投資が減少したことが響いた。午前の取引は台風の影響で 中止となった。

チャイナ・ユニコム(中国聯通、762 HK)やチャイナ・モバイル (中国移動、941 HK)など通信株が安い。医薬品販売の国薬(1099 HK)は5.2%安。クレジットカードの決済用ターミナルを販売する百富 環球科技(327 HK)は12%安。支配株主が持ち株を売却したことが響い た。カジノ銘柄も下落した。

H株指数は前日比1.1%安の10718.01で終了。年初来では0.9%下げ ている。この5営業日で6.1%安と、13年6月以降で最も大幅な値下が り。ハンセン指数は前日比0.9%安の24136.01。

キングストン・ファイナンシャル・グループの調査担当エグゼクテ ィブディレクター、ディッキー・ウォン氏は一段の株安を予想。「現在 の主な懸念は米連邦準備制度が市場予想よりも早期に利上げすることに ついてだ」と語った。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が3月以来の大幅安となった。 8月の対中直接投資が4年ぶり低水準に落ち込んだことに加え、新株発 行で既存株から資金が流出するとの観測が広がった。

自動車メーカーの上海汽車集団(600104 CH)や家電メーカー、青 島海信電器(600060 CH)といった景気に敏感な消費者関連銘柄が下 落。米アップルの供給業者、深圳市大族激光科技(002008 CH)は4.8% 安。年初来上昇率が42%に縮小した。ソフトウエアメーカーの用友軟件 (600588 CH)が6.2%値下がりするなど、業種別ではテクノロジー株の 指標が最も大きく下げた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比1.8%安の2296.56で終了。上海、深圳両証取のA 株に連動しているCSI300指数は2%下げた。

徳邦証券の張海東アナリスト(上海在勤)は「8月の対中直接投資 が予想を下回ったほか、新規株式公開(IPO)に伴い流動性に関する 懸念が再燃した」と指摘。「これら2つの要因が株価を圧迫しており、 今後2週間は下降局面が続く可能性がある」と予想した。

上海総合指数は刺激策の見通しに加え、香港、上海両証取の相互注 文取り次ぎが資金流入を促すとの観測を背景に、6月半ばから前日まで に14%上昇していた。

【インド株式市況】

16日のインド株式市場では、指標のS&Pセンセックス指数が6週 間ぶりの大幅下落。原材料を比較的安く調達するのが困難になるとの懸 念で金属株が売られた。16、17両日の連邦公開市場委員会(FOMC) を前に米利上げ時期をめぐる思惑も重しになっている。

鉄鋼のタタ・スチールは約3カ月ぶり安値。同社の国内最大の鉱山 の閉鎖を政府が命じ、大量の鉄鉱石輸入が必要となる見込みが嫌気され た。アルミニウム生産のヒンダルコ・インダストリーズもボーキサイト 鉱山閉鎖の報道を受け3営業日続落。自動車メーカー、タタ・モーター ズは8月の世界販売不振で2か月ぶり大幅安となった。

センセックス指数は前日比1.2%安の26492.51で終了。下落は8月 1日以来で最大だった。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比28.10ポイント(0.5%)安 の5445.36。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比7.10ポイント(0.4%)高の2042.92。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比84.06ポイント(0.9%)安の9133.40。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE