FOMCは緩やかなペースで利上げへ、物価圧力弱い-BN調査

ブルームバーグ・ニュースがエコノ ミスト61人を対象に実施した調査によると、米連邦準備制度理事会 (FRB)のイエレン議長は、インフレ圧力の弱さや家計と企業の一部 での根強い慎重姿勢を受けて、向こう3年間に緩やかな利上げを行う方 向に米連邦公開市場委員会(FOMC)を導く見通しだ。

米金融当局者による2015年末フェデラルファンド(FF)金利誘導 目標予想の中央値について、6月の1.13%から変わらないと答えたエコ ノミストは全体の57%だった。

FOMC声明で資産購入終了後も金利を「相当な期間」据え置くと いう表現が削除されるかどうかについては、エコノミストの見方はほぼ 均等に分かれた。9月11-15日実施の最新調査の結果は以下の通り。

1) FOMCは17年の予測を初めて公表する。6月の予測では長期的な
政策金利の中立水準を3.75%としていた。17年末の政策金利予想の中央
値が
a) 9月の長期的な予想中央値を下回るとの回答は34件(回答者61人
中56%)
b) 長期的な予想中央値と同じとの回答は25件(同41%)
c) 長期的な予想中央値を上回るとの回答は2件(同3%)

2) 6月のFOMC予測の中央値では、15年末のFF金利誘導目標
は1.13%と見込まれていた。今回のFOMC予測で示される水準は、
a) 1.13%を上回るとの回答は21件(回答者61人中34%)
b) 1.13%を下回るとの回答は5件(同8%)
c) 同じ水準との回答は35件(同57%)

原題:Fed to Hike Gradually Amid Moderate Growth: FOMC Survey (Table)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE