JPモルガン元株式戦略責任者リー氏リサーチブティック設立

ウォール街の大手金融機関で24年に わたってキャリアを重ねた米銀JPモルガン・チェースの元株式チーフ ストラテジスト、トーマス・リー氏が、総勢7人のスタッフで運営する 専門分野に特化したリサーチブティックを設立した。

リー氏(45)は3月にJPモルガンを退職し、みずほ証券の元アジ ア・米国株式セールス責任者ジョン・バイ氏と共に、ファンドストラッ ト・グローバル・アドバイザーズを創業した。同氏は1993年にキダー・ ピーボディに入社し、その後ソロモン・スミス・バーニーを経て99年に JPモルガンに移籍。ファンドストラットでは、同氏が4人の調査チー ムの責任者となり、バイ氏がセールスを統括する。

リー氏は先週の電話インタビューで、「自分の好きなことを始めた いと考えて長い間うずうずしていた」と発言。「おおむね黎明(れいめ い)期から絶頂期にかけて」無線通信業界を15年間にわたってカバー し、自分の好きなことを始めたいという欲求が少しずつ膨らんでいった と述べた。

リー氏は07年にJPモルガンの株式チーフストラテジストに就任 し、6年連続で米国株の上昇を予想。いずれの年も年初に強気の見通し を示し、S&P500種株価指数が平均で年間14%上げると予測した。こ のうち12年と13年を含む4年については、ストラテジストの平均を上回 る精度の高い予想を行った。

原題:Thomas Lee Scratches Itch With Boutique After JPMorgan (1) (抜粋)

--取材協力:Michael Patterson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE