ROEの8%超目標、達成企業増で日本激変-いちごAM社長

企業の持続的成長と投資家の関係に ついて議論してきた経済産業省のプロジェクトチームは先月、世界の投 資家に評価される株主資本利益率(ROE)の最低ラインとして8%の 数字を掲げた。政府主導で企業改革や産業再興策が次々打たれる中、低 ROEに甘んじる企業の今後の変貌に市場関係者も期待感を示す。

いちごアセットマネジメントのスコット・キャロン社長は、8日に 行ったブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「政府が日本の 将来のため、上場企業に対し資本コストを上回る最低限のROE目標を 提言したのは初めてで、重要な意味を持つ」と指摘。低ROE企業が 8%を超えることが最大の課題で、「もし全ての企業が目標を達成でき れば、日本にとって大きな変化をもたらす」と述べた。

日本株市場では、ROEを重視する新しい株価指数「JPX日経イ ンデックス400」の算出が今年初に始まって以降、資本の効率性に対す る意識が企業、投資家の間で高まっている。同指数については、日本の 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がベ ンチマークに採用した。

また、安倍政権は「日本再興戦略」で、企業の稼ぐ力を取り戻すた めにコーポレートガバナンスの強化や公的・準公的年金の運用見直しに 着手、産業再興プランとして会社法改正、日本版スチュワードシップ・ コードの策定などを断行している。

こうした動きを受け、同指数の採用から漏れたアマダが大幅な株主 還元策の強化を打ち出すなど、企業の間から具体的な変化も見えてき た。しかし、ブルームバーグ・データによると、ROEが8%を上回る TOPIX採用企業は全体の44%。米国のS&P500種採用銘柄の78% に比べ、大きく見劣りする。キャロン氏は、経産省のプロジェクトや日 本再興戦略で「さらに開かれた日本に向かっている」とみる。

中期計画でJPX日経400入り狙う

キャロン氏は、ROE8%の数値目標を掲げた経産省の「持続的成 長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築」プ ロジェクトに参加したメンバー53人のうちの1人。同氏が会長を兼務す るいちごグループホールディングスではさらなるROE向上を通じ、 JPX日経400の構成銘柄に2016年8月までに採用されることを中期経 営計画の目標に盛り込む。決算短信によると、同社の14年2月期の ROEは11.8%、前の期は6%。

同プロジェクトは一橋大学大学院の伊藤邦雄教授を座長とし、キャ ロン氏を含む上場企業や資産運用会社、大学、企業年金連合会の関係者 らが参加、昨年7月に議論を始めた。ことし8月の最終報告書(伊藤リ ポート)では、グローバルな機関投資家が日本企業に期待する資本コス トの平均は7%超との調査結果が示されている、と指摘。8%を上回る ROEを最低ラインとし、企業は目標達成をコミットすべきとした。

伊藤リポート、長期投資家育成の提言も

また伊藤リポートは、日本市場では機関投資家が単純なパッシブ運 用に偏重、投資家の短期志向化もあり、アナリストによるベーシックリ ポートの作成、応援株主としての個人投資家の育成など中長期的な投資 促進策の必要性に言及。経営者と投資家が定期的に対話・エンゲージメ ントのあり方を検討する「経営者・投資家フォーラム」の創設も提言し ている。

野村証券の田村浩道チーフストラテジストは8日付のストラテジー リポートで、日本企業のROE向上に向けた取り組みは一段と加速する ことが期待される、と指摘。仮に米国並みの株主還元(総還元性向8 割)が実現すれば、日本企業のROEは10%を超え、2020年の日経平均 株価を3000円押し上げると予想した。

同証では、ガバナンス改革の中核を担う企業として亀田製菓、カル ビー、旭化成、大塚ホールディングス、フジクラ、LIXILグルー プ、アマダ、日立製作所、ファナック、三菱重工業、トヨタ自動車、大 日本スクリーン製造、ピジョン、三井物産、みずほフィナンシャルグル ープ、NTTの16社に注目する。

メリルリンチ日本証券の神山直樹チーフストラテジストは、伊藤リ ポートについて「新成長戦略で示された『稼ぐ力』の向上のため、株主 が果たす役割が明確になった。機関投資家にとってスチュワードシップ 活動の内容として重要な示唆を持つ」とし、株主と企業の意識改革を促 す提言の趣旨に賛意を表明。一方で、「ROEの特定水準が達成されれ ば良い、との誤解を生む恐れがある」と懸念材料も挙げた。

キャロン氏が先週訪問した上場企業では、財務担当部長が部署のス タッフ全員に伊藤リポートを読むよう指示したという。いちごアセット の資産運用額は約25億ドル。

ブルームバーグ・データによると、TOPIX採用銘柄の16日時点 のROEは8.2%。17日のTOPIXは前日比0.5%安の1304.96、 JPX日経400は0.4%安の11822.30とともに続落、いちごGH株 は2.4%安の288円で終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE