NY銅:13カ月ぶり大幅高-中国が流動性供給との報道で

16日のニューヨーク銅先物相場は13 カ月ぶりの大幅な上げとなった。中国政府の追加刺激策に関する報道を 背景に、世界最大の金属消費国である同国で需要が拡大するとの見方が 広がった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12 月限は前日比2.6%高の1ポンド=3.166ドルで終了。中心限月として は2013年8月8日以来の大幅上昇となった。一時は4.1%高と日中取引 で13年5月3日以来の大幅な上げとなり、サーキットブレーカーの発動 で取引が一時停止する場面もあった。

中国は国内5大銀行に計5000億元(約8兆7100億円)の流動性を供 給すると、同国のニュースサイト、シナ・ドット・コムが報じた。李克 強首相は経済成長支援に向け刺激策を強化している。

ロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ月物)は前日 比1.2%高の1トン=6901ドルで引けた。アルミニウムと鉛、ニッケ ル、亜鉛、スズも値上がりした。

原題:Copper Soars Most in 13 Months as Trading Halts on China Report(抜粋)

--取材協力:Michelle Jamrisko、Bonnie Cao.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE