ヘッジファンドの天然ガス買い越し、9カ月ぶり低水準

ヘッジファンドによる天然ガス相場 上昇を見込む買い越しは約9カ月ぶりの低水準に減少した。米国のシェ ールガス生産が過去最高水準に達していることが要因。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、投機家によ る指標ガス先物4種の買越残高は9日終了週に12%減り、3週連続で落 ち込んだ。売りポジションは昨年12月以来の高水準に増加した。

シェールガス生産が政府の予想を上回っていることから、米ゴール ドマン・サックス・グループと英バークレイズは10-12月(第4四半 期)と来年のガス価格見通しを引き下げた。米東部のマーセラスシェー ル層のガス生産は10月に初めて日量160億立方フィートを上回る見込 み。CFTCのデータの対象期間中にガス先物相場は2.4%上昇。その 後、12日にかけて3.2%下げた。

原題:Speculators Cut Gas Bets to 9-Month Low on Supply Growth: Energy(抜粋)

--取材協力:Moming Zhou.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE