米スプリントの新型アイフォーン向けプラン、業界で最もお得

米携帯電話会社スプリントがアップ ルの「iPhone(アイフォーン)6」と「iPh one6プラ ス」が今週発売されるのを前に発表したプランは、業界大手の中で最も お得なプランになっている。同社は顧客の奪回を目指している。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ジョナサン・アトキ ン氏はアイフォーン6の16ギガバイト(GB)向けの総費用を比べる と、スプリントのプラン「アイフォーン・フォー・ライフ」が米4大携 帯電話会社で断然安いと指摘した。電話料金やサービス手数料を計算す ると、スプリントの総費用は2年間で1680ドル(約18万円)と、AT& Tの同等のプランを1250ドル下回る。ベライゾン・ コミュニケーショ ンズとTモバイルUSと比べてもそれぞれ1130ドル、410ドル安いとい う。

スプリントのプランは、経営てこ入れに向けて8月に最高経営責任 者(CEO)に起用されたマルセロ・クラウレ氏が最初に手掛けた仕事 の一つ。値下げに消極的だったダン・ヘッセ氏からCEO職を引き継い だクラウレ氏は、積極的な低価格サービスプランを通じて7年ぶりの顧 客増を目指している。

アトキン氏は「スプリントのプランは少なくともこれまでのところ 最も差別化されている」と述べた。

スプリントの個人向けプランには特徴がある。技術的にはスプリン ト加入者はアイフォーンをレンタルすることになり、新製品購入から2 年後に返却が可能だ。アトキン氏の比較には電話機下取りに関する値引 きの影響は含まれず、異なる料金体系の家族向けプランの比較もしてい ない。

原題:Sprint Beats Rivals With Lowest IPhone Plan as Sales Debut Looms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE