インド株(終了):センセックス下落、鉱工業生産の伸び鈍化

15日のインド市場ではインド株の指 標のS&Pセンセックス指数と通貨ルピーが下落。鉱工業生産のデータ が弱かったほか、米利上げが近づくとの観測が背景。

センセックス指数は前週末比0.9%安の26816.56で終了した。ルピ ーは対ドルで0.8%安の1ドル=61.15ルピーと、8月13日以来の低水 準。アルミニウム生産のヒンダルコ・インダストリーズが3%安とな り、金属株の指数は4営業日続落した。

12日発表のインドの7月の鉱工業生産指数は前年同月比0.5%上昇 と、前月から伸びが鈍化した。米当局は16、17日の連邦公開市場委員会 (FOMC)で金利に関するガイダンスを見直すかどうかを検討する。

原題:Indian Stocks Drop With Rupee on Factory Data, Fed Rate Outlook(抜粋)

--取材協力:Manish Modi、Anoop Agrawal.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE