ハイネケン、英SABミラーの買収の打診を拒否-関係者

世界2位のビールメーカー、英 SABミラーが、同3位のオランダのハイネケンに買収を打診し、同社 がこれを拒否していたことが、事情に詳しい複数の関係者の話で分かっ た。

ハイネケンは発表資料で、SABミラーから打診があったことを確 認した上で、独立を保つ意向であると表明した。ブルームバーグ・ニュ ースは14日、情報が内密であることを理由に匿名で語った関係者の話と して、ハイネケンの経営権を握るハイネケン家がSABミラーからの予 備的な打診を拒否したと報じていた。

SABミラー自体がかねて、ビールメーカー世界最大手、ベルギー のアンハイザー・ブッシュ(AB)インベブによる買収対象となる可能 性が指摘されており、関係者の1人はSABが今後の動きを模索してい ることを明らかにした。ハイネケン家に再び買収を打診する方針かどう かは不明。

ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ・ホールディングス (ロンドン)のグローバル株式責任者、マシュー・ビーズリー氏は、 「SABにとって独立を維持するための方法の1つはハイネケンを買収 することだ」と指摘した。

一方でハイネケンは、SABミラーの提案は「行動を起こせるもの ではない」と判断したとしている。SABミラーの広報担当、リチャー ド・ファーンズワース氏はコメントを控えた。

原題:SABMiller Spurned by Heineken Family After Making Takeover Offer(抜粋)

--取材協力:Dinesh Nair、Matthew Boyle、Ruth David、Aaron Kirchfeld、Jeffrey McCracken、Jacqueline Simmons、Duane D. Stanford.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE