ドラギ総裁、417兆円の量的目標達成に苦戦も-今週に長期オペ

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は同中銀の資産規模を3兆ユーロ(約417兆円)に増やして経済を支 える目標を掲げたが、この達成に苦戦する可能性がある。

条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)や資産担保証券 (ABS)購入など、新たな流動性措置によってECBのバランスシー トを総裁が目指す水準まで膨張させるのは難しいとの見方をブルームバ ーグの月次エコノミスト調査が示した。

最初の試金石となるのは今週実施される初回のTLTROだ。 ECBは期間4年の長期資金供給プログラムを開始する。

ドラギ総裁は今月、ECBの資産を2012年初めの水準程度にまで膨 らませたい考えを示した。それには現在の水準から約1兆ユーロの拡大 が必要になる。この達成のために総裁が議論の多い量的緩和(QE)に 踏み込むかどうかが注目されている。

ラボバンク・インターナショナルの市場エコノミスト、エルウィ ン・デフロート氏は「ドラギ総裁は量的目標に言及したことで自身を窮 地に追い込んだ」とし、「その結果、発表済みの措置が意図した成果を 上げない場合、政策委員会が本格的なQEに踏み込まざるを得なくなる 可能性があると当社はみている」と話した。

ECBは初回のTLTRO資金の割り当てをフランクフルト時間18 日午前11時15分に発表する。総額についてブルームバーグがまとめたエ コノミスト予想中央値は1500億ユーロ。予想レンジは1000億-3000億ユ ーロだった。

16年までに実施されるTLTROの合計とABSおよびカバード債 購入を合わせた供給額は9850億ユーロと予想されている。

一方、債務危機のピーク時に実施された3年物LTRO資金の残 高、約3500億ユーロ相当が来年の早い時期に期限となり返済される。差 し引きでシステム内に増加する額は6350億ユーロ程度となり、ドラギ総 裁の目標に届かない。

原題:Draghi’s $3.9 Trillion Ambition a Stretch as ECB Loans Start(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE