アリババIPO、史上最大の可能性も-需要旺盛で仮条件上げ

電子商取引サイト運営で中国最大手 のアリババ・グループ・ホールディングは、米国で実施する新規株式公 開(IPO)の仮条件を引き上げた。投資家の需要が旺盛なためで、こ れに基づいたIPO規模は最大218億ドル(約2兆3370億円)となり、 世界記録を更新する可能性もある。

15日の当局への届け出によると、アリババはIPOの仮条件を1株 当たり66-68ドルとした。従来は60-66ドルとしていた。アリババ、お よび同社に出資する米ヤフーなどは3億2010万株を売り出す計画。

従来のレンジより高い価格でもアリババの株価収益率(PER) は、中国の他の上場インターネット企業のPERを下回る。アリババ創 業者の馬雲(ジャック・マ)氏は15日、香港で開いた投資家向けの説明 会で、バリュエーション(株価評価)が高くなり過ぎることを望まない 考えを示した。出席者2人が明らかにした。

現時点で世界最大のIPOは2010年の中国農業銀行による220億ド ル余りだが、アリババはそれを上回る可能性がある。アリババが仮条件 のレンジを上回るIPO価格を設定するか、超過需要に応じるため引受 業者が追加売り出しを行えば記録更新はあり得る。仮条件を上回る価格 設定は、当局への追加の届け出なしで可能だ。

新たな仮条件に基づくと、アリババの時価総額は最大1676億ドルと なる。ブルームバーグのデータによれば、15年3月まで1年間のアナリ スト4人の予想利益に基づくPERは約29倍。これらアナリストは、ア リババの今期の純利益が前年比50%余り増加するとみている。

中国の検索サイト最大手、百度(バイドゥ)の今年の利益見通しを 基にした予想PERは約34倍、現時点で中国最大の上場インターネット 企業であるテンセント・ホールディングス(騰訊)は37倍、米アマゾ ン・ドット・コムは14年の利益見通しに基づくと133倍となる。

アリババは18日に最終的なIPO価格を設定する計画で、取引初日 は19日となる。クレディ・スイス・グループとドイツ銀行、ゴールドマ ン・サックス・グループ、JPモルガン・チェース、モルガン・スタン レー、シティグループがIPOのブックランナーを務める。 「BABA」のティッカーでニューヨーク証券取引所 (NYSE)に 上場する。

原題:Alibaba Boosts U.S. IPO to as Much as $21.8 Billion Amid Demand(抜粋)

--取材協力:Lulu Yilun Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE