中国複合企業の中信、損失開示めぐり香港当局が法的手続き

香港証券監督当局は、中国最大の複 合企業である中信(CITIC)と同社の元取締役5人に対する法的手 続きを開始した。当局は2008年に発生した損失について同社が虚偽また は誤解を生む情報を開示したと主張している。

香港証券先物取引委員会は11日の声明で、会長だった栄智健(ラリ ー・ユン)氏を含む元幹部らに制裁処分を下す方針だと発表。中信の投 資家、最大4500人への賠償について裁判所命令を勝ち取ることも目指し ていると説明した。

中信は中信泰富(CITICパシフィック)という社名だった当 時、多額の損失を計上。オーストラリアの鉄鉱石プロジェクトの為替ヘ ッジ取引が裏目に出た。香港の政治家らは損失発生に関する同社の情報 開示が6週間遅れたと批判。警察も同社事務所を捜索していた。

原題:Hong Kong Watchdog Sues Citic, Ex-Chairman Over 2008 Losses (2)(抜粋)

--取材協力:Cathy Chan、Michelle Yun、Jasmine Wang、Douglas Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE