伊フェラーリが生産拡大へ、超富裕層の増加に対応

イタリアの高級スポーツカー・メー カー、フェラーリは従来計画よりも生産台数を増やす方針だ。

フェラーリの会長には親会社フィアットのセルジオ・マルキオンネ 最高経営責任者(CEO)が10月13日に就任する。マルキオンネCEO は超富裕層の増加ペースに遅れることのないよう、「ラ・フェラーリ」 などの車種を徐々に増産する考えを示した。

同CEOは11日にイタリアのバロッコでのイベントで、「超富裕層 が増加するなら、われわれはそれに対応できるようにすべきだ」と述 べ、そうしなければ「順番待ちのリストが長過ぎる状態になり、飽きら れる」と語った。

この方針は10日に辞意表明したルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼ モロ会長の戦略とは対照的。23年間にわたり同部門を率いてきたモンテ ゼモロ氏はフェラーリの高級感を守るため年間7000台に生産量を制限し たい意向だった。マルキオンネCEOは5月、フェラーリには年間約1 万台の販売能力があるとの認識を示していた。

原題:Ferrari Will Boost Production to Keep Pace With Super Rich (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE