中国株:反発、上海総合指数は2週連続高-追加緩和観測

中国株式相場は反発。週間ベースで は上海総合指数が2週連続の値上がりとなった。8月の中国経済全体フ ァイナンス規模が市場予想を下回ったことで、当局が成長下支えのため に一段の緩和策を講じるとの観測が強まった。

中国国際航空(601111 CH)は2.1%高。中国南方航空(600029 CH)は3.4%高。10月の国慶節の連休を前に旅行需要が増えるとの見通 しが広がった。取引初日となった電子部品の好利来(中国)電子科技 (002729 CH)、蘇州中来光伏新材(300393 CH)はいずれも44%上昇で 終えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比0.9%高の2331.95で終了。週間では0.2%上昇し た。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.6%高 の2438.36。

珩生鴻鼎資産管理(上海)の運用担当者、戴明氏は「8月の経済指 標は一部の先行指標から判断する限り、良い内容を期待できない」と指 摘。「市場には短期的に圧力がかかるとみられる。しかし景気が悪化す れば、当局は成長を支えるため、対象を絞った緩和策をさらに打ち出す だろう」と述べた。

原題:China’s Stocks Cap Second Weekly Gain on Easing Policy Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE