米消費者マインド指数:9月速報値は14カ月ぶり水準に上昇

9月の米消費者マインド指数はここ 1年余りで最も高い水準に上昇した。

9月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は84.6と、前月の82.5から上昇し、2013年7月以来の高水準 となった。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は83.3 だった。

RBSセキュリティーズの米国担当チーフエコノミスト、ミシェ ル・ジラード氏は「消費者心理は上向き始めている。これは雇用情勢の 改善を反映している。ガソリン価格の低下もプラスに働いている」と分 析した。

現在の景況感を示す指数は98.5と、前月の99.8から低下。6カ月後 の先行き景況感を示す期待指数は75.6(前月71.3)に上昇した。

い。

原題:Consumer Sentiment in U.S. Rises to Highest in 14 Months (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE