8月のインドCPI、前年比7.8%上昇-鉱工業生産は減速

インドでは8月の消費者物価の上昇 率が8%付近にとどまった。一方で鉱工業生産は7月にエコノミストの 予想以上に減速した。

インド統計局が12日発表した8月の消費者物価指数(CPI)は前 年同月比7.8%上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト37人の予想中央値は7.83%上昇だった。前月は7.96%上昇。

7月の鉱工業生産指数は前年同月比0.5%上昇。別に実施された調 査では1.8%上昇が見込まれていた。6月は3.94%上昇。

原題:India’s CPI Holds Near 8%, Output Slows Before RBI Policy Review(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE