中国:8月のファイナンス規模、予想に届かず-景気リスク増大

中国の8月の経済全体のファイナン ス規模は市場予想を下回った。不動産市場が落ち込み、製造業活動の伸 びが鈍化する中で、経済成長目標の達成に向けた政府の課題が増えた形 だ。

中国人民銀行(中央銀行)が12日発表した8月の経済全体のファイ ナンス規模は9574億元(約16兆7400億円)。ブルームバーグがまとめた エコノミスト調査の予想中央値は1兆1350億元だった。8月の新規人民 元建て融資は7025億元。8月のマネーサプライ(通貨供給量)統計では M2が前年同月比12.8%増となった。

経済全体のファイナンス規模は7月に前月比で大幅に落ち込んでお り、この日の統計は中国経済が勢いを失いつつあることを示す新たな材 料となった。昨年8月は1兆5840億元だった。

クレディ・スイス・グループで日本を除くアジア地域担当チーフエ コノミストを務める陶冬氏(香港在勤)は「良いプロジェクト案件が十 分にないため、銀行は融資を渋っている」と指摘。「まさに頭痛の種 だ。向こう数カ月のうちに預金準備率の引き下げ、または預貸率規制の 緩和が打ち出される公算が極めて大きい」と述べた。

8月の新規融資のエコノミスト予想中央値は7000億元だった。7月 は3852億元、昨年8月は7128億元。M2は7月の13.5%増から伸びが鈍 化。8月の予想中央値も13.5%増だった。

原題:China Credit Gauge Misses Estimate as Growth Risks Rise: Economy(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan、Daniel Petrie、Scott Lanman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE