韓国中銀:政策金利2.25%に維持、予想通り-利下げ効果見極め

韓国銀行(中央銀行)は12日、政策 金利を据え置くことを決めた。先月の利下げや財政刺激策の効果を見極 めたい考えだ。

韓国中銀は政策金利である7日物レポ金利を2.25%に維持すると発 表。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト20人を対象に実施した調 査では、全員がこの結果を予想していた。先月は2013年5月以来となる 利下げで、政策金利が0.25ポイント引き下げられた。

韓国の崔炅煥企画財政相は今週、回復の勢いが弱いとして、財政・ 金融両政策で引き続き景気を支える必要があるとの認識を示した。韓国 中銀は7月に今年の成長予想を引き下げており、4-6月(第2四半 期)の成長率はほぼ2年ぶりの低水準となった。

ハイ投資証券のチーフエコノミスト、パク・サンヒョン氏(ソウル 在勤)は政策発表前に、「政策当局者らは景気回復とデフレリスク回避 に躍起になっている」と指摘。「経済成長がそれほど加速しなかった り、ウォンがさらに上昇する場合、韓国中銀は年内の追加利下げに向け た圧力に見舞われるだろう」と述べた。

原題:Bank of Korea Keeps Rate on Hold After Cut as Economy Slows (1)(抜粋)

--取材協力:Michael J. Munoz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE