マドフ受刑囚の次男、遺産16億円超を家族と婚約者に譲渡

巨額詐欺事件で服役中のバーナー ド・マドフ受刑囚の次男で、今月マントル細胞リンパ腫のため死去した アンドルー・マドフ氏が、子供たちや妻、婚約者に計1500万ドル(約16 億1000万円)を超える遺産を残していたことが、同氏の遺書で明らかに なった。

10日にマンハッタンの遺言検認裁判所に提出され、11日に公開され たアンドルー氏の遺書によると、同氏の遺産は動産が1100万ドルで不動 産が450万ドル。

遺書によれば、アンドルー氏は有形人的動産の全てを娘のエミリー さんとアンさんに譲渡。資産の3分の1を別居中の妻デボラ・ウェスト さんに、残りを婚約者のキャサリン・フーパーさんに残した。母親のル ースさんへの資産譲渡はなかった。

アンドルー氏の代理人のマーティン・フルメンボーム弁護士の文書 によると、同氏は今月初めにニューヨークのメモリアル・スローン・ケ タリングがんセンターで死去した。同弁護士に営業時間後に電話してメ ッセージを残し、遺書に関するコメントを求めたが回答は得られていな い。

アンドルー氏は兄のマーク氏と共にバーナード・L・マドフ・イン ベストメント・セキュリティーズのトレーディング部門の責任者として マーケットメーク(値付け)事業を率いていた。別のフロアで勤務して いた父親は顧客の資金を投資していた。バーナード・マドフ氏は2009年 に禁錮150年の有罪判決を受け、マーク氏は10年12月11日に46歳で自殺 した。

原題:Andrew Madoff Leaves More Than $15 Million to Family, Fiancee(抜粋)

--取材協力:Laurence Arnold.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE