スプリント:高速サービスのカバー密度向上へ-3-5都市で

米携帯電話会社スプリントは高速通 信サービス「スパーク」の拡大計画を見直し、当初展開の3-5都市で のカバー密度を高めることに注力する。これらの提供地域における最高 のサービスだとしている。

ゴールドマン・サックス・グループ主催の投資家会議に出席したマ ルセロ・クラウレ最高経営責任者(CEO)は11日にニューヨークで記 者団に対し、これらの都市でのカバレッジ目標を2016年までに達成でき ると説明。具体的な都市名には言及しなかった。同CEOはまた、スパ ークのカバー人口が年内に1億人に達すると引き続き予想していると述 べた。

クラウレCEOはスパークについて、「戦略の変更ではない。われ われは同じ場所に少し違う方法で到達する」と語った。

同CEOはまた、企業の合併・買収(M&A)全般に関して、現在 取り組んでいる案件はないと説明。さらに、スプリント会長を務めるソ フトバンクの孫正義社長が非常に活動的で業界も急速に変化していると 述べ、「彼は常に誰かに会っており、彼に付いていくのに苦労する時も ある。われわれは協議には常に門戸を開いているが、バンカーなどは雇 っていない」と語った。

原題:Sprint Planning Denser Spark Coverage in 3-5 Cities by 2016 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE