ヘッジファンドの税回避の「抜け道」、米財務省が対応を検討

米財務省は、ヘッジファンド運用会 社がバミューダなど税率の低い国に設置した保険会社を通じて投資を行 うことで税金を回避できる「抜け道」をふさぐ方法について、検討して いることを明らかにした。

財務省は米上院財政委員会のロン・ワイデン委員長(民主、オレゴ ン州)宛ての8月9日付書簡で、こうした仕組みに関する懸念を表明 し、立法および行政上の対応を検討していると伝えた。ブルームバー グ・ニュースがこの日、同書簡のコピーを入手した。

ここ数年にバミューダに保険会社を設立したヘッジファンドには米 資産家ジョン・ポールソン氏が率いるポールソンやスティーブン・コー エン氏のSACキャピタル・アドバイザーズなどがある。コーエン氏は その後、保険会社との関係を解消している。

頻繁に取引を手掛けるヘッジファンドの個人投資家はファンドから 資金を引き出すかどうかにかかわらず、通常の所得税を毎年支払う必要 がある。現在の限界税率は最高で39.6%。

一方、法人税がかからない国の保険会社を通じてファンドに間接的 に投資した場合は、投資を手じまうまで納税を先送りすることが可能 で、米国で適用されるのは20%とより低率の長期キャピタルゲイン税と なる。

税当局にとっては企業が実際に活動する保険会社なのか、あるいは 保険会社を装った米運用会社なのかを見極めることが鍵を握る。

ポールソンの広報担当を務めるアーメル・レスリー氏とコーエン氏 の広報担当ジョナサン・ガスサルター氏はともにコメントを控えた。

原題:Treasury Is Weighing Action on Hedge-Fund Tax ‘Loophole’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE