NY原油:8カ月ぶり安値から反発、ロシアと西側の緊張で

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反発。ロシアと西側 の緊張が高まったとの見方から、前日の8カ月ぶり安値から戻した。欧 州連合(EU)がロシアへの制裁強化に踏み切ったのを受けて、オバマ 大統領は米国もこれに追随するとの声明を発表した。

アイアイトレーダー・ドット・コムの創業者で市場担当チーフスト ラテジストのリチャード・イルチスジン氏(シカゴ在勤)は「新たな制 裁が科されることで、市場のボラティリティーはさらに高まる」と指 摘。「上げ相場のところにこうしたニュースが流れると、上昇に弾みが 付く」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比1.16ドル(1.27%)高の1バレル=92.83ドルで終了した。

原題:WTI Crude Rises From Eight-Month Low as Russia Tensions Escalate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE