ECBにとって低インフレ長期化の回避が最優先-ビスコ総裁

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、ビスコ・イタリア銀行(中央銀行)総裁は、 ユーロ圏をデ フレスパイラルに陥れかねない低インフレ長期化のリスクに対し、 ECBは一段の行動をする用意があると表明した。

ビスコ総裁は11日、ミラノで講演。「最優先事項は、低インフレの 長期化が中期的なインフレ期待の不安定化につながるリスクを回避する ことだ」と発言。「インフレ率の低下はこれまでのユーロ高によって一 層進んだエネルギー価格の下落ばかりではなく、長引く景気の弱さも反 映している」と述べた。

総裁は「ユーロ圏経済に必要な刺激を供給し続ける金融政策を束縛 するものは何もないように見受けられる」と指摘。「必要ならば、さら なる金融政策行動が取られる可能性がある」と続けた。

原題:Visco Says Paramount for ECB to Avert Prolonged Low Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE