米ラジオシャック、債権者らと資本増強策を交渉-破産も視野

家電販売の米ラジオシャックは資本 増強をめぐり債権者らと協議を重ねている。同社が発表した四半期決算 は既存店売上高が落ち込み、損失が膨らんだ。

11日の発表資料によると、ラジオシャックは債務再編や店舗統廃合 といった計画を含め、バランスシート改善策について話し合いを進めて いる。これより先、ブルームバーグ・ニュースはラジオシャックが借り 入れについてスタンダード・ゼネラルおよびUBSと協議していると報 じた。

ラジオシャックはこの日、売却も可能性の一つだとし、再建策が成 功しなければ破産申請に踏み切らざるを得なくなる可能性があると述べ た。

同社の6-8月(第2四半期)決算は純損失が1億3740万ドル(1 株当たり1.35ドル)。前年同期は5220万ドル(同51セント)の赤字だっ た。一部項目を除くベースでは1株当たりの損失は1ドル。ブルームバ ーグがまとめたアナリスト予想平均は1株当たり66セントの損失だっ た。

原題:RadioShack in Talks to Gain Fresh Financing as Losses Mount (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE