中国政府が異例の合同記者会見-独禁法調査めぐる批判に反論

中国の3つの政府機関が11日、北京 で異例の合同記者会見を開き、最近の独占禁止法調査が不当に外国企業 を標的としているとの見方にあらためて反論した。欧米企業からの批判 の高まりに対応した。

中国商務省と国家発展改革委員会(発改委)、国家工商行政管理総 局は合同会見で、中国の独禁法案件335のうち外国企業が関与している のは33件にすぎないと発表した。李克強首相も今週、中国の独禁法調査 の対象となっている外国企業は全体の10%にとどまっていると述べてい た。

原題:Chinese Authorities Rebuff Claims Probes Picking on Foreigners(抜粋)

--取材協力:冷澄、Rin Ichino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE