新興市場株:6日続落、エネルギーや消費財安い-ルピア下落

11日の新興市場の株式相場は6営業 日続落。このまま終了すれば昨年11月以来の長期連続下落となる。エネ ルギーと裁量的消費関連銘柄が下げの中心となっている。インドネシ ア・ルピアは金融政策決定を控えて軟調。

中国海洋石油(CNOOC)とペトロチャイナ(中国石油)が香港 市場で下落。原油安に加え配当落ちで安くなった。韓国のヒュンダイモ ーターカンパニー(現代自動車)は1年1カ月ぶりの安値。トラクター などを生産するインドのマヒンドラ・アンド・マヒンドラは1.6%安。 ルピアの対ドル相場は2カ月で最低。

MSCI新興市場指数は香港時間午後2時11分(日本時間同3時11 分)現在、前日比0.4%安の1071.46と、約4週間ぶりの安値となってい る。

原題:Emerging Stocks Head for Longest Losing Streak in Nine Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE