伊フェラーリ会長が辞任-フィアットCEOが兼任へ

イタリアの自動車メーカー、フィア ットは10日、高級車部門「フェラーリ」のルカ・コルデーロ・ディ・モ ンテゼモロ会長が辞任すると発表した。フィアットのセルジオ・マルキ オンネ最高経営責任者(CEO)が同部門の会長を兼任する。

23年間にわたり同部門を率いてきたモンテゼモロ氏(67)の辞任 は13日付。同日には米部門クライスラー・グループとの統合で誕生する フィアット・クライスラー・オートモービルズが米国市場に上場する。 マルキオンネ氏(62)は7日、自動車レースのフォーミュラワン(F 1)におけるフェラーリの成績を批判していた。

マルキオンネ氏はモンテゼモロ氏の辞任について、フェラーリのF 1での戦績をめぐる「意見の相違」が生じ、同部門の将来について話し 合った上での結果だと説明している。

原題:Fiat’s Marchionne Grabs Ferrari Role Ahead of Wall St Debut (1)(抜粋)

--取材協力:Flavia Rotondi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE