日銀総裁:物価目標困難なら躊躇なく追加緩和-首相と会談

黒田東彦日銀総裁は11日、官邸で安 倍晋三首相と会談した。会談後、黒田総裁は記者団に「仮に目標達成に 困難をきたす状況が出てくれば、躊躇(ちゅうちゅ)なく追加緩和であ ろうと何であろうと政策調整を行う用意がある」ことを首相に伝えたこ とを明らかにした。

黒田総裁は、首相から今後の経済について指示はあったのかとの記 者団の質問に「そういうものについてはなかった」とし、量的緩和をし っかり続け、2%の物価安定目標達成に向けて全力を挙げていることを 説明したと述べた。総裁と首相の会談は約5カ月ぶり。

4-6月期の国内総生産(GDP)が下方修正され、リーマンショ ック以来の落ち込みとなるなど、4月の消費税率引き上げ後、景気が足 踏み状態となっており、来年10月に予定されている消費税再引き上げを めぐって、先送り論が浮上している。

現状の経済については黒田総裁は「基本的に経済の好循環は続いて いるし、物価安定目標に向けての道筋をたどっているという話をした」 と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE