「イスラム国」、メキシコ経由で米国侵入を協議-米当局者

イスラム教スンニ派の過激派組織 「イスラム国」は、米国の南に位置するメキシコとの国境から米国に侵 入することを協議している。国土安全保障省のテイラー次官(情報分析 担当)が10日、議会証言で明らかにした。

同次官は上院の国土安全保障・政府活動委員会で、イスラム国がツ イッターなどのソーシャルメディアのサイトでこうした協議をしている ことが追跡調査で判明したと述べた。

テイラー次官はジョン・マケイン上院議員(共和、アリゾナ州)の 質問に対し、「ツイッターやソーシャルメディアで、世界中のイスラム 国信奉者らがその可能性についてやりとりしている」と答えた。

1933マイル(約3110キロ)にわたるメキシコとの国境について、同 次官は「われわれが国境でその活動を防止する情報と能力を備えている ことに満足している」と述べた。

原題:Islamic State Terrorists Talked of Entering U.S. Via Mexico (1)(抜粋)

--取材協力:Roger Runningen、Mike Dorning.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE