米JDSユニフェーズ、光学部品と通信機器の2社に分離へ

米通信機器メーカー、JDSユニフ ェーズは10日、上場企業2社に分かれ、それぞれが異なる技術分野に軸 足を置くと発表した。これを受けて同社の株価は時間外取引で一時14% 高となった。

JDSユニフェーズの届け出によれば、1社は光学部品と業務用レ ーザーに、もう1社は通信機器関連の事業に専念する。

トム・ウェッチャー最高経営責任者(CEO)は発表資料で、これ により「加速しつつある技術革新の先を行き、当社が身を置く市場で一 段と効果的に競争していく上で、最高の位置に立てる」と指摘した。

2社分割は2015年7-9月(第3四半期)までに完了する見通し。 同社は再編費用として7500万-1億ドル(約80億-107億円)を計上す る予定で、分社化に伴うコスト削減効果は約5000万ドルを見込んでい る。

原題:JDS Uniphase to Separate Into Two Companies, Reaffirms Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE