インドネシア中銀、政策金利を7.5%に据え置き-10会合連続

インドネシア中央銀行は11日、10会 合連続での政策金利据え置きを決めた。経済成長とインフレが鈍化して いるものの、経常赤字縮小に向け利下げを控えた。

マルトワルドヨ総裁率いる同中銀理事会は政策金利のレファレンス 金利を7.5%に維持。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト調査では、21人全員が据え置きを予想していた。預金ファシリティー 金利(FASBIレート)も5.75%に据え置かれた。

原題:Indonesia Holds Interest Rate to Narrow Current-Account Deficit(抜粋)

--取材協力:Herdaru Purnomo、Andrew Janes、Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE