欧州株:5日続落-企業業績まちまち、対ロシア制裁は12日発動

11日の欧州株式市場で指標のストッ クス欧州600指数は5日続落。この日は英国のオカド・グループやネク ストが発表した決算が強弱入り混じったほか、欧州連合(EU)が最新 の対ロシア制裁パッケージを12日に発動すると発表した。

衣料小売りのネクストは4月以来の大幅下落。上期の税引き前利益 が市場予想に届かなかった。一方でオンライン食品販売会社のオカド は0.3%高。第3四半期売上高がアナリスト予想以上に伸びた。フラン ス・オランダ系航空会社エールフランス・KLMグループは1.9%の値 上がり。2013年から17年にかけての利益の伸び率目標が年最大10%であ ることを明らかにした。

ストックス600指数は前日比0.1%下げて344.27で終了。一時 は0.6%下げた。騰落比率は約1対2。週初から1%下げており、この ままなら週ベースで5週間ぶりの下落となりそうだ。

エルメス・ソースキャップ(ロンドン)で資産運用に携わるアンド ルー・パリー最高経営責任者(CEO)は「欧州企業の業績はまちまち だが、市場参加者は一段と現実的な見方に傾きつつある」と指摘。「夏 場数カ月の相場は変わりやすいので、市場参加者は今、新年にかけての トレンドを見いだそうとしている。寛容な市場ではないから、うまくい っている企業は業績がちょっとでも予想に届かないと、かなり厳しい扱 いを受けることがあり得る」と付け加えた。

この日の西欧市場では18カ国中13カ国で主要株価指数が下落。英 FTSE100指数は0.5%、仏CAC40指数は0.2%それぞれ下げた。独 DAX指数は0.1%の値下がり。

原題:Most European Stocks Fall as Investors Weigh Earnings, Sanctions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE