米スプリント:11月の周波数帯域入札への参加見送り

米スプリントは米国の大手携帯電話 会社で唯一、11月の周波数帯域入札への参加を見送る意向だ。

スプリントの広報担当者が入札に参加しないことを確認した。米連 邦通信委員会(FCC)によると、11月の入札は2008年の190億ドル (現在のレートで約2兆円)規模の入札以降で最大級になる見通し。ベ ライゾン・コミュニケーションズとAT&T、TモバイルUSは入札に 関心を示している。

FCCは来年、テレビ放送局が手放した周波数帯域の入札も予定し ている。スプリントはこれについては関心を示し、「600メガヘルツ帯 のインセンティブ・オークションがもたらす機会について評価を続け る」と11日の電子メールで説明した。

原題:Sprint Says It Won’t Take Part in November Airwaves Auction (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE