Credit Agricole Said to Near Accord in Sanctions Probe

仏銀クレディ・アグリコルは、イラ ンなど米国の制裁対象国とのビジネスをめぐる捜査および調査を決着さ せるため、2カ月以内に米当局と合意に達する可能性が高い。事情に詳 しい関係者の1人が明らかにした。

クレディ・アグリコルの広報担当アンヌソフィー・ジャンティ氏は コメントを控えている。

ジャンポール・シフレ最高経営責任者(CEO)は8月5日、2003 年から08年にかけて行われた一部のドル取引に関する自主的な内部調査 を実施した結果、「この件で当局に説明する段階に入っている」と発 言。訴訟費用として合計11億ユーロ(約1516億円)を準備していること も明らかにしたが、制裁関連の捜査および調査に備える金額が含まれる かどうかについては言及を避けた。

クレディ・アグリコルを対象とする捜査および調査は、米司法省と 米連邦準備制度理事会(FRB)、ニューヨーク市マンハッタンの連邦 地検、ニューヨーク州金融サービス局が主体となって進められている。 いずれの報道官と広報官もこの件でコメントを控えている。

原題:Credit Agricole Said to Near Accord in U.S. Sanctions Probe(抜粋)

--取材協力:Tom Schoenberg、Greg Farrell、Fabio Benedetti-Valentini、Shane Strowmatt、Nicholas Comfort、Craig Torres.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE