PIMCOグロース氏:8月に米政府関連債の比率を引き下げ

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏は8月、旗艦ファ ンドで米国債と政府関連債の組み入れ比率を引き下げた。欧州経済の成 長鈍化やウクライナの混乱を受けて投資家は米国債に資金をシフトして いた。

PIMCOのウェブサイトに10日掲載されたデータによると、グロ ース氏が運用する「トータル・リターン・ファンド」(運用資産2220億 ドル=約23兆7200億円)の米政府関連債比率は41%。7月は45%で、5 月は50%と、2010年7月以来の高水準だった。

グロース氏は米当局が早期に利上げしないとの見方から期間が短め の米国債に投資してきた。これらの債券は米景気回復の兆しを受けた利 上げ観測の高まりで期間が長めの債券を下回るパフォーマンスとなって いる。ブルームバーグの集計データによると、トータル・リターン・フ ァンドの今年のリターンはプラス3.69%で、同種のファンドの42%を上 回る水準。昨年はマイナス1.9%と、1994年以来最低となり、同種のフ ァンドの65%に後れを取っていた。

同ファンドは8月に米国以外の先進国の債券比率を13%と、前月 の17%から縮小。新興国の証券は2012年3月以来最高だった7月と同じ 9%に維持した。モーゲージ債の比率は20%。投資適格級や高利回りの 証券などを含む米クレジット商品の比率は13%と、前月の12%から引き 上げた。

原題:Gross Cut U.S. Government Debt in August as Treasuries Rallied(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE