LMEニッケル:続落、フィリピン産鉱石の供給懸念が後退

10日のロンドン金属取引所 (LME)でニッケル相場は続落。2日間の下げが5月以降で最大とな った。中国への最大の供給国であるフィリピンの鉱石禁輸が直ちに実施 されることはないとの観測が背景。

LMEニッケル相場(3カ月物)は前日比1%安の1トン=18740 ドルで終了。この2営業日で6%下落した。先週は鉱石供給に混乱が生 じるとの懸念から4.1%上昇していた。LMEではアルミニウムと鉛も 下落。銅とスズ、亜鉛は値上がりした。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12 月限終値は前日比0.3%高の1ポンド=3.1105ドル。

原題:Nickel Prices Book Largest Two-Day Decline Since May on LME(抜粋)

--取材協力:Norman P. Aquino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE