NY原油:反落、8カ月ぶり安値-在庫が予想ほど減少せず

ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は反落し、8カ月ぶり 安値。米エネルギー省の統計で先週の原油在庫が予想ほど減少しなかっ たことが嫌気された。ロンドンの北海ブレントは2013年4月以来の安 値。石油輸出国機構(OPEC)は2015年のOPEC産原油の需要見通 しを引き下げた。

ジョン・ハンコック(ボストン)で石油・天然ガス関連の債券ポー トフォリオを運用するマネジングディレクター、アダム・ワイズ氏は 「原油在庫の減少が予想より小幅だったことを受けて、売りが加速し た」と指摘。「朝方にはOPECの需要見通し引き下げが伝えられた。 北米を中心に供給が増えていることが理由だという」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比1.08ドル(1.16%)安の1バレル=91.67ドルで終了。終値としては 1月9日以来の安値。ロンドンICEのブレント10月限は1.12ドル (1.1%)下げて98.04ドル。

原題:WTI Crude Tumbles to Eight-Month Low on Smaller Supply Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE