ユンケル次期欧州委員長、「閣僚」人事発表-バランス感覚発揮

欧州連合(EU)の行政執行機関で ある欧州委員会のユンケル次期委員長は10日、11月1日に発足する新体 制の人事を発表した。財政赤字のお目付け役にはフランス人、金融業界 監視には英国人を充てるなど、各国に配慮するバランス感覚を見せた。

経済・通貨担当はモスコビシ前仏財務相。域内市場・金融サービス 担当にはヒル英貴族院議員を充てた。競争政策担当にデンマークのベス テアー前経済・内務相、通商担当にスウェーデン出身のマルムストロー ム内務担当委員を起用した。

新委員らの任期は5年。欧州議会は9月後半に公聴会を開始し、そ の後、指名承認投票を行う。

原題:Juncker Awards EU Top Jobs to France, U.K. in Balancing Act(抜粋)

--取材協力:Jonathan Stearns.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE