アップルの新決済システム、カードネットワークや銀行に恩恵

米アップルの新型「iPhone (アイフォーン)」登場で、財布の中のプラスチックカードが時代遅れ の代物となるかもしれない。一方で、決済ネットワークのビザやマスタ ーカード、クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレス(アメッ クス)、さらにクレジットカードを発行する大手銀行にはまだ恩恵をも たらしそうだ。

9日発表された「アイフォーン6」と「アイフォーン6プラス」に は「アップル・ペイ」と呼ばれる決済システムが搭載された。店舗やイ ンターネット上での買い物代金をクレジットカードやデビットカードで はなくスマートフォンを指でタップすることで支払える機能だ。カード 決済ネットワークやJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ (BOA)、シティグループなどの銀行に頼るシステムだ。

現金やカードから携帯電話などのデジタル端末に決済がシフトする 中、アップルが決済システムを一から開発するのではなく、従来のシス テムと提携することを決めたことで、取引は引き続き既存のネットワー クやカード発行銀行を経由することになる。フォレスター・リサーチに よると、2017年までにモバイル決済市場は4倍強の約900億ドル(約9 兆5600億円)に拡大する見通し。

キーフ・ブルイエット・アンド・ウッズのアナリスト、サンジェ イ・サクラニ氏は9日の発表に先立ち電話インタビューに応じ、「決済 ネットワークにとっては朗報だ。アップルが迂回(うかい)せずに決済 ネットワークのレールを利用しようとしているように見えるからだ」と 述べた。

ビザとマスターカード、アメックスの株価は先週、アップルとの提 携報道を受けて上昇。9日のニューヨーク市場では米国株が幅広く値下 がりする中、ビザとマスターカードの下落率は1%未満にとどまった。 アメックスは1.2%安。

原題:Apple’s New Payment System Seen Helping Card Networks, Banks (1)(抜粋)

--取材協力:Max Abelson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE