アップル、銀行から新決済システムの手数料徴収へ-関係者

米アップルが9日発表した新たなモ バイル決済システムでは、消費者がクレジットカードやデビットカード の代わりに「iPhone(アイフォーン)」を使って購入する際に同 社が銀行から手数料を徴収する。事情に詳しい関係者3人が明らかにし た。

9日披露された「アイフォーン6」と「アイフォーン6プラス」に は、端末を指でタップすることで買い物ができる新サービス「アップ ル・ペイ」の機能が搭載される。JPモルガン・チェースとバンク・オ ブ・アメリカ(BOA)、シティグループが自行のカードを同決済シス テムと連動させることで合意した。

関係者が匿名を条件に語ったところでは、アップルと各行はサービ ス導入に当たり手数料について個別に取り決めた。関係者の1人によれ ば、すべての取引で手数料が発生する。複数の関係者によると、手数料 は変動する可能性があるが、具体的な額や購入額と連動するかどうかは 明らかにしていない。フォレスター・リサーチによると、モバイル決済 市場は2017年までに4倍余りの約900億ドル(約9兆5600億円)に拡大 する見通しだ。

原題:Apple Said to Reap Fees From Banks in New Mobile-Payment System(抜粋)

--取材協力:Dakin Campbell、Hugh Son、Adam Satariano.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE