アップルのモバイル決済サービス、ペイパルやスクエアに脅威

米アップルが9日発表したデジタル クレジットカード機能搭載の新型「iPhone(アイフォーン)」 は、モバイル決済サービス会社の長年の取り組みを大きく飛び越えるも のだ。

アップルが端末の新製品と同時に発表した機能「アップル・ペイ」 はセンサーを利用することにより、スマートフォンをかざすことで商品 やサービスの決済ができるサービス。アップルは買い物時のモバイル端 末利用の促進に向けビザやマスターカード、アメリカン・エキスプレス (アメックス)と提携した。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)の9日のプレゼンテーシ ョンを受け、決済サービス「ペイパル」を運営するeベイの株価は2.8% 下落。決済サービスで新興のスクエアやストライプもアップル・ペイと の競争に直面する可能性がある。

フォレスター・リサーチのアナリスト、ディニー・キャリントン氏 は「自分がペイパルなら心配になるだろう。使い心地が比較的良く消費 者がより安全だと受け止めれば、ペイパルにとって脅威になる」と指摘 した。

アップルは電子決済ネットワークに加えて、バンク・オブ・アメリ カ(BOA)やキャピタル・ワン・ファイナンシャル、JPモルガン・ チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴなどの銀行のクレジッ トカードやデビットカードもサポートする。また、ブルーミングデール ズやメーシーズ、マクドナルド、セフォラUSA、サブウェイ・レスト ランツ、ウォルグリーン、ホール・フーズ・マーケットなどの小売業者 もアップル・ペイに対応するという。

原題:Apple’s Mobile-Payments Push Seen as Challenge to PayPal, Square(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE