ノボのやせ薬、60%の被験者に効果-体重10%減も3割強

デンマークの製薬会社ノボ・ノルデ ィスクのやせ薬「サクセンダ」に効果があることが分かった。米食品医 薬品局(FDA)が9日に明らかにした。

FDAのスタッフリポートによると、サクセンダを使った治験で被 験者の60%が体重を5%以上減らすことに成功した。31%の被験者 は10%を超える体重減を果たした。

製薬会社は肥満治療薬の開発を進めているが、今まで認可されたも のは個人負担額の高さなどで販売が伸びなかった。アリーナ・ファーマ シューティカルズとエーザイの「ベルビーク」は2012年6月、その直後 にビバスの「キューシミア」が承認された。

パイパー・ジャフレーのアナリスト、チャールズ・ダンカン氏によ れば、民間の医療保険の多くでベルビークとキューシミアは保険対象薬 の第3分野に入っており、患者の個人負担部分が大きい。「肥満とその 治療薬についての考え方が変わる必要がある」と同氏は述べた。

FDAの諮問委員会は11日にサクセンダについて会合を開く。 FDAは10月末までに認可するかどうかを決定する見込み。

原題:Novo Weight-Loss Drug Targets Market Where Others Failed (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE