ヘッジファンドのマーチャント、1-8月運用成績プラス16%

ヘッジファンドのマーチャント・コ モディティ・ファンドの1-8月の運用成績がプラス16%となった。同 ファンドのダグ・キング最高投資責任者(CIO)によると、原油や鉄 鉱石、砂糖の価格下落がリターンを押し上げた。

キング氏は5日、ロンドンからの電話インタビューで、同氏とマイ ケル・コールマン氏が運営するマーチャントの8月のリターンはプラス 8%近くだったことを明らかにした。キング氏によれば、同ファンドの 運用資産は8月に前月比で39%増加し1億8500万ドル(約200億円)と なった。昨年の年間リターンはプラス15.9%。

北海ブレント原油相場は8月に月間ベースで2カ月連続で下落し、 供給が過剰となった鉄鉱石は2009年以来の安値まで下げた。キング氏の 話では、米景気の改善によりドル相場が上昇し他の通貨の保有者にとっ てコストが増加することに加え、中国と欧州の景気減速で需要が軟化す るため価格はさらに下落する可能性がある。

キング氏は「世界各国のGDP(国内総生産)はあまり堅調ではな く、そのことが、需要が非常に不安定な一部の商品のポジショニングの 支援材料になっている」と指摘。ブレント原油は向こう数カ月間に1バ レル当たり95ドルに下落すると予想し、鉄鉱石については1ドライトン 当たり75ドルに下落後、来年1-3月(第1四半期)には在庫が補充さ れる可能性があるとの見方を示した。

原題:Hedge Fund Merchant Advances 16% as Oil Drops With Iron Ore (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE