EU、対ロ制裁の発動めぐる大使級会合で結論出ず-11日再協議

欧州連合(EU)は10日開いたウク ライナ危機をめぐる大使級会合で、対ロシア追加制裁の実施の是非と時 期に関して結論が出ないまま終了した。

EU加盟28カ国の大使らは11日午前に同問題に関する協議を再開す る計画。当局者が匿名を条件に明らかにした。

EUは今週、対ロ追加制裁の発動を少なくとも「数日間」保留にす ることを急きょ決定。ロシアから通商面で一段の報復を受けるリスクを 避けつつ停戦合意の有効性を見極める時間を確保していた。

EU当局者が匿名で明らかにしたところによれば、ロシアの政府系 防衛・エネルギー企業のEU域内での資金調達を制限するなどの措置は 当初、9日に官報で公表される予定だった。

原題:EU Ukraine Meeting Ends Without Decision, Due to Resume Tomorrow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE