ルー米財務長官:インバージョンの魅力減殺に動くことは可能

ルー米財務長官は、米企業が本社を 税率の低い海外に移転する「インバージョン」に対し、仮に議会が対策 を講じなければオバマ政権としてインバージョンの経済的な魅力を減殺 することが可能であるとの考えを示した。

ルー長官は9日、「破損した」税制が海外への本社移転で米企業が 税の支払いを減らそうとする誘因となっていると指摘。インバージョン を制限するため、政権は「極めて近い将来」に取り得る措置について決 断を下す方針だと改めて語った。

同長官はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「議会が 行動しないのなら、インバージョンの経済的価値の引き下げにつながる 措置をわれわれの権限内で取らなければならない」と説明。「それは立 法化の必要性を取り除くものではないが、インバージョンの価値を大幅 に下げ、企業が下す決定を変えることになると期待している」と述べ た。

同長官は8日の講演でインバージョン対策に関し、決定は間近であ り財務省は議会の立法化なしでも行動できる法的権限を探っているとコ メントしていたが、この日の発言はより踏み込んだ内容となった。

世界2位の医療機器メーカー、メドトロニックや製薬会社アブビー などの米企業は経営幹部や事業の実態にはほとんど変更がない形で、合 併を通じた本社の海外移転を目指しており、インバージョンを求める傾 向は今年に入り勢いが増している。

ルー長官はその上で、「真の回答は税制改革だ」と指摘。「多くの 企業は実際には税金を支払っていないものの、米国の法人税率が先進国 で最高水準にある限り、そのような税制は非常に悪いインセンティブと なる」との考えを示した。

原題:Lew Says Treasury Can Act to Reduce Inversions’ Economic Value(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE