NY原油:小反発、ブレントは供給過剰懸念で17カ月ぶり安値

【記者:Moming Zhou】

9月9日(ブルームバーグ)ニューヨーク原油先物市場のウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)は小反発。世界の供給 の伸びが需要を上回るとの見方から、ロンドンの北海ブレントはほぼ1 年5カ月ぶり安値。WTIに対する上乗せ価格は縮小した。

コンサルティング会社ショーク・グループ(ペンシルベニア州ヴィ ラノヴァ)のスティーブン・ショーク社長は「現在の需給ファンダメン タルズは需要が低下、供給が依然として潤沢という図だ」と指摘。「今 の市場では支援につながるような材料はまったく見当たらない」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日 比9セント(0.10%)高の1バレル=92.75ドルで終了。ロンドン ICEのブレント10月限は1.04ドル(1%)下げて99.16ドル。終値ベ ースで2013年4月18日以来の安値。

原題:Brent Crude Falls to Lowest in Almost 17 Months on Ample Supply(抜粋)

--取材協力:Eliot Caroom、Lucia Kassai.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE